故障した車を手放すにはどんな方法があるのでしょうか。

でも、その前に、車の故障している箇所を調べるのが先決ですね。
車の故障の素人判断は非常に危険ですから。

自動車整備工場に持ち込んで見積りを取るのがいいと思います。
しかし、車が動かないようでしたら出張して貰うことになります。
例えば、車を購入した自動車ディーラーの整備工場など、
知っているところがあれば安心して修理の見積りの依頼が出来るでしょう。

何故、車の故障の箇所や原因を調べなければいけないかと言えば、
例えば、下取りや車の買取りに出すとして、誤魔化されないためです。

相手が親切な業者ならいいのですが、
ズルい業者ですと、大した故障ではなくても大げさに故障を取り上げて、
下取り価格や買取額を大幅に減額しようとします。

このようなことを避けるためにも、故障の原因と故障個所、
そして、大よその修理費用は知っておく必要があるのです。

さて、故障車を手放す方法としてはいくつか考えられますが、
出来れは、いくらかでも手元にお金が入るように手放したいですね。

手元にお金が入るようにと考えると、
車買取専門店に売却するのがいいと思いますが、
次に別の車を購入するのでしたら、
ディーラーの下取りも検討しておきましょう。

要は、とにかく比べることが大事です。
出来れば、次に購入する車も決めて、
下取りはいくらになるか、はっきりさせましょう。

その上で、その下取り価格を基準にして、
車買取専門店の買取額を比較するのがベストです。

ただし、車買取専門店も1軒だけでは比較になりませんから、
最低でも3店舗の車買取額は調べておきましょう。

今は、インターネット上に、
車買取一括査定というサービスがありますので、
そのサービスを利用すると便利です。

その一括査定サービスは、
一度の車買取査定の申込みで、
複数の車買取専門店に査定依頼が出来るので、人気があります。
もちろん無料で利用できますので、ぜひ利用してみましょう。

車買取一括査定サービスで、3社ほどの車買取専門店に査定依頼して、
その中で一番高い買取額を提示した店に売ればいい訳です。

自動車ディーラーの下取り価格と比べたいところですが、
特別な事情がない限り、車買取専門店の買取額は、
ディーラーの下取り額よりもずっと高いはずです。

ただし、車の故障が重度な場合には、車の買取りがされないこともあります。
ディーラーなどでは廃車を勧めてくることもあります。
そのまま、ディーラーに廃車を依頼すると、
廃車にかかる様々な手数料が生じてきます。

そのような場合には、廃車専門の車買取業者に売るようにします。
車買取専門店の廃車版ですね。

この廃車専門の買取業者を利用すれば、
ほとんどの場合に廃車にかかる手数料は業者が負担します。
また、車も買取りしてくれるので、たいへんお得になる訳です。

このように、故障した車も処分するには、
いろいろな場面を想定しないと、大きく損をすることになりますので、
気を付けたいところです。